MENU
(注) 薬の効能は個人差があり、記載されている効果はそれを保証するものではありません。

性病(STD)・抗生物質

ペニシリン系、セフェム系、マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系、リンコマイシン系、オールドキノロン系など、性病ほか、様々な細菌に対しての抗菌効果のある抗生物質を紹介します。

(注)医薬品等の使用にあたっては医師や薬剤師等の指導を受けてください。また、当サイトでは、紹介している商品の販売、個人輸入代行は行っていません。(当サイトについて

オフロックス(Oflox)は、ニューキノロン系の抗菌薬です。
フラジールは、膣周辺の強い痒みや、オリモノの強い悪臭を症状とするトリコモナス症及び、細菌性腟症等の治療に用いられる薬剤です。
カーネステン 膣用クリームは、抗真菌成分のクロトリマゾールを含有した膣用クリームです。
モキシプ(アベロックスジェネリック)は、モキシフロキサシンを主成分とする、感染症の治療に用いる薬です。
バクシダールジェネリックは、日本でも認可されているバクシダールのジェネリック医薬品で、ニューキノロンと呼ばれる抗菌薬です。
クラビット錠は、性感染症(クラミジア、淋病など)、尿道炎、扁桃炎、気管支炎などに使用される抗菌薬です。
マキシスラルが有効なのはおもに「細菌」による感染症です。
アポミノサイクリンは、テトラサイクリン系抗生物質(ミノマイシン)です。
ニナゾルは、ケトコナゾールのジェネリック薬となります。
ニゾラルクリームは、有効成分がケトコナゾールのイダゾール系抗真菌剤です。
モノドックスは、ビブラマイシンのジェネリックで、性病(STD)を始めとする感染症の処置に用いられる抗生物質です。
ビブラマイシンは、広い範囲の菌種に対して抗菌作用を示してくれる、テトラサイクリン系抗生物質です。
ジスロマックは、マクロライド系抗生物質アジスロマイシンです。
ケトコナゾールクリームは、イダゾール系抗真菌剤で、主に白癬(水虫)、皮膚カンジダ症の皮膚真菌症の治療に使用されます。
アンピシリンは、感染症治療に用いられるペニシリン系の抗生物質です。
セフィキシムは、セフェム系の第三世代の抗生物質です。
アシクロビルは、ゾビラックスの軟膏ジェネリック薬品です。
フルコナゾールカプセルは、日本でも認可済みのダイフルカンのジェネリック版です。
スタレーンは、ダイフルカンのジェネリック製品です。
ダイフルカンは、ガンジタ治療薬として開発されました。
ジフルカンジェネリックは、真菌(カビ)の殺菌作用がある薬で、ダイフルカンのジェネリック製品となります。
スルタマットは、ユナシンのジェネリック薬で、ペニシリン系抗生物質スルタミシリンを含む医薬品です。
ペルマイトクリームは、ピレスロイド系殺虫剤ペルメトリン配合の疥癬(かいせん)治療用クリームです。
クラリスロマイシンは、マクロライド系抗生物質クラリスロマイシンが有効成分の抗生物質です。
クロトリマゾール膣錠は、抗真菌剤クロトリマゾールの膣錠です。
カーネステン膣錠は、抗真菌剤クロトリマゾールの膣錠です。
レボタスは、合成抗菌剤であるクラビットのジェネリック薬です。
クラビットは、キノロン系抗生物質レボフロキサシンが成分の薬です。
レボクインは、キノロン系抗生物質レボフロキサシンを成分とする、クラビット錠のジェネリック薬です。