MENU
(注) 薬の効能は個人差があり、記載されている効果はそれを保証するものではありません。

いくつになっても夫婦の夜の営みは必要です

私の考えですが、夫婦だったらいくつになっても夜の営みは必要だと思っています。

 

もしも片方でも、それが嫌な行為だと思っているなら別です。そうでなければ、お互い好きだったらあってもいいと思うのです。

それはいくつになっても変わりません。たとえ子供が大きくなろうと、孫ができようと関係ないと思います。それは夫婦だけの問題なので、できるならあったほうがいいのです。

 

お互いの体を必要としている時、そんな行為があったとしても全くおかしい事は出はありません。気持ち悪い事でもないのです。

 

結婚して新婚の頃は、毎日のように夜の営みがあるでしょう。それが子供が生まれて、忙しくなって減ってくるものかもしれません。それでも片方が求めて、それに答えてくれるのなら必要な行為なのです。

 

身体の欲求も満たされるし、心の欲求も満たされるのです。夫婦だからあって当たり前だと、私は思っています。

 

仲良し夫婦に、夜の営みは欠かせないものだと思っています。でも仲良しでも、そんな元気がない人もいっぱいいるのです。それでもいい夫婦だっていっぱいいるのです。

 

だから必ずしも、みんなが夫婦の夜の営みを必要とはしていないでしょう。必要な人、そうでない人がいるのです。こればかりは人それぞれですが、お互い元気で愛し合っているのだったらいくつになってもお互いを求めあってもいいと思います。

 

それが夫婦の夜の営みだったら、いくつになってもあってもいいものだと思っています。

(注)医薬品等の使用にあたっては医師や薬剤師等の指導を受けてください。また、当サイトでは、紹介している商品の販売、個人輸入代行は行っていません。(当サイトについて

関連ページ

毎日が理想です。
夫婦のセックス性交渉など夜の営みの悩みを紹介します。
出会った頃の気持ち
夫婦のセックス性交渉など夜の営みの悩みを紹介します。