MENU
(注) 薬の効能は個人差があり、記載されている効果はそれを保証するものではありません。

出会った頃の気持ちを忘れないように抱き、抱かれること

夫婦生活を長く続けていると、次第に身体の結びつきは必須のものとは感じなくなってくるものです。

 

個人差はあると思いますが、仲の良い夫婦でも新婚の頃と同じような頻度でセックスをしている方は少ないのではないでしょうか。

しかし、人と人の距離を縮める、また縮めた距離を維持するうえで、セックスはもっとも簡単かつ有効な手段です。

 

あれほど近い距離で人と過ごす時間はありませんし、浮気などをしていない限りはその距離を味わえるのも夫婦だけの特権です。

 

夫婦生活を仲良く楽しく過ごすためには、週2回程度はゆっくり時間をかけて愛し愛されるのが望ましいと思います。

 

俗に、男性の性欲のピークは20歳、女性は30代後半とも言われています。

 

処理しきれない性欲が溜まると、イライラやストレスの原因にもなりますし、最悪不倫という事態を招くおそれもあります。

 

きちんと性欲を処理するための行為という意味でも、夫婦間のセックスは大事でしょう。

 

今、セックスレスの夫婦が増えているといいます。

 

これは離婚率の増加と無関係ではない事象でしょう。

 

かつての理想の男性像は、バリバリ働き、デートの時もスマートにエスコート、積極的にリードするいわゆる肉食系の男子でした。

 

彼らは性に対しても貪欲で、下品な言い方をすると「女のカラダを一番に求める人種」でした。

 

しかし、今や時代もすっかり変わり、穏やかで、家事や育児も手伝う草食系男子の全盛期です。

 

彼らは性に対して淡白で、その優先順位も低いのが一般的です。

 

癒し癒される関係もいいですが、いきすぎると兄妹のようになってしまいます。

 

ときには出会った頃のように、ガツガツ求めるような刺激的なセックスをすることが、夫婦関係にとっては大事なのではないでしょうか。

(注)医薬品等の使用にあたっては医師や薬剤師等の指導を受けてください。また、当サイトでは、紹介している商品の販売、個人輸入代行は行っていません。(当サイトについて

関連ページ

毎日が理想です。
夫婦のセックス性交渉など夜の営みの悩みを紹介します。
いくつになっても必要
夫婦のセックス性交渉など夜の営みの悩みを紹介します。