毎日のスキンケアを欠かさずにやる

30歳を過ぎても綺麗な肌を保つ秘訣は、毎日のスキンケアを欠かさないことだと思います。お肌の手入れは、適当にやっていたら美白は保てないと思います。美容液や乳液を使って、しっかりと肌を潤わせて栄養をたっぷり与えると綺麗な肌も保てると思います。

化粧品もいろいろ売られていますが、スキンケアの化粧品での出費はもったいないと思わずに、良いものを使うことがいいです。高価な化粧品は、コラーゲンやプラセンタが配合してあったり、お肌にいい成分が含まれています。

あとは、外出するときにも紫外線対策はしっかりするのが綺麗な肌を保つ秘訣だと思います。紫外線対策をしていないと、シミやしわの原因にもなりますし、放っておくとだんだん肌が老化してしまいます。

なので、外出するときにはUVカットのクリームは必ずつけて、帽子をかぶったり日傘をさしたりして予防するのが良いことだと思います。いい肌を保ちたいなら、面倒だと思わずに日頃からスキンケアなどを意識することが大切だと思います。

耳鼻科での治療はあきらめてしまいました。

私は杉の花粉症歴が20年以上となりますが発症してから10年間くらいは毎年春が近くになるときちんと耳鼻咽喉科にかかって飲み薬や目薬を処方してもらっていました。

しかしお医者さんに処方して貰う薬は確かに良く効いている感じでしたが、診療代などお金がかかることと数週間ごとに病院に行くのが面倒臭くなってしまいました。

そこでここ数年間は病院に行くのをあきらめて、主に市販の薬で対応しています。そして最も花粉症対策として有効だったのが鼻に噴射するタイプのスプレーでした。

このての薬は花が詰まったりこれから鼻水が出たりするとまずいかなと思えるときに臨機応変で使えるのがとても便利で、私にとって効果も抜群でした。

また、夜寝る前にはやはり市販の鼻炎用の薬を飲んでいますが市販のものは眠気が強くなりがちですが夜寝るときにはかえって好都合です。

あと私の友人から聞いた方法ですが外出先から帰って来たら鼻うがいをすると良いということで実際に試してみたら夜寝るときに鼻づまりが少なくなってとても有効な方法だと思いました。