蠣殻やホタテをくだいたカルシウムサプリメント

蠣殻やホタテをくだいたカルシウムのサプリメントは、結構よく買います。
牛乳ばっかり飲んでいたら、牛さんも大変だろうし、サプリメントで半分はやりくりしています。
それですごく健康です。ほんとは卵の殻でもいいそうです。

サプリメントは携帯も出来るし、腐りにくいから、夏などは特に便利です。
私の場合は忙しすぎて夜勤が多い職場だったから、なおのこと、不規則になりがちな食事を補ってくれました。
とにかく、有り難い限りです。
暇なときには飲まなくてもいいんですけど、忙しくなり出したら、もうこれなくしては、私の体は一日が回りません。
活動量が多いため、すぐにどこかがおかしくなるので…

サプリメントは命です!
軽くて、重たい水分とは違い、持ち運びが便利なので、あちこちのメーカーのを、まんべんなく買っていましたし、今でも必要ならまたすぐに買います。
殻は味はしないです。
ただ、飲みやすく作られていて、しかも、捨てるなら、もったいないから飲めばにいい!ということから、効率的でもありますよ。

食べても太らないという体質について

食べても太らない体質の人っていますよね。まさに私がその体質です。

原因は胃下垂って奴ではないかと思います。胃下垂だともともと食欲自体ない人も多いと思いますが、私はわりと食欲もあるほうです。

若いころは食欲自体なくてガリガリで、合う服もなく切実に太りたいと思ってました。でも、最近は食欲のほうはなぜか出てきたのです。でも相変わらず太りません。

以前に比べたら太ってはきたけど、まだ標準にも届きません。たぶん人一倍食べたとしても、栄養として消化吸収ができてないのでしょうね。そのまま便になってでてしまってるのではないかと思います。

やせたいのに痩せられない人からするとうらやましがられるのでしょうね。でも、食べても吸収されないって体内を食べ物が素通りしてるようなもの。体にいいこととは思えません。

これから先、いろんな病気の原因になってくるのではないかと不安にも思います。やはり、食べても太らないよりも、普通に食べすぎれば太る。それが健康の証なのだと思います。

花粉症の対策で出来ることをやっていきましょう。

春先には、どうしても悩みの種となってしまう花粉、これにどれだけの人が悩まされていることでしょうか。最近の世の中では花粉症に悩む人が多発しているとのことらしいので今度ももっと沢山の方が花粉に悩まされると思います。

花粉症で鼻水が止まらずティッシュばかり使用してしまいゴミ箱は簡単に膨れ上がります。目はフシャフシャして、ちょっとのことでクシャミばかりで正直イヤにもなります。

それでは花粉症にかかってしまった場合どうしたらいいんでしょうか、解決策は、どれだけ花粉を自分から遠ざけるかと花粉をどれだけ避け切れるかです。

花粉を防ぐには色々と対処法があります、目や鼻の粘膜を守るためにも花粉専用のメガネやマスクなども効果的です。首にはショールを巻いて出来るだけ花粉から身体を守りましょう。

自宅に帰宅する際には、そのまま入るのではなく、自宅に入る前に衣類にまとわり付いた花粉を叩いてから自宅に入るようにしたいですね。

自宅での花粉対処法としては洗濯物は必ず叩いてから室内に入れるようにして空域清浄機を常に設置しておくことが花粉症への軽減にもなるので出来ることをして、この季節を乗り切りたいです。

紫外線を浴びない生活と化粧をしない生活

私がこれまで肌のために一番気を付けてきたことは紫外線を浴びないようにすることでした。紫外線は肌に良くないと言われているので20代前半の頃から夏に外出する時は日傘をさしていました。

今では春から秋までずっと日傘をさしています。曇りの日も。日焼け止めは一年中塗っています。外出する時は必ず。その他には化粧をあまりしないことです。

まだ20歳だった時に同い年の友人に高校生の時から毎日化粧をしているという人がいました。

その人のすっぴんがあまりにもひどかったので化粧をし続けると私もああなるんじゃないかと思ってそれまでもほとんど化粧をしていませんでしたが、それからも出来るだけ化粧をしないように心がけました。

これはあまりに極端なので他の人には真似できないとは思いますが一定の効果はあったと思います。

30代になった今では電車などに乗って出かける時だけ化粧をするようにしています。徒歩圏内に出かける時は日焼け止めだけを塗って化粧はしません。

これが私がお肌を気遣って続けてきたことです。

太りやすさには食べる頻度と遺伝が関係している?!

食べても太らない理由は、いくつかあると思います。まず、一度に食べる量が挙げられるでしょう。

一回の食事や間食でたくさん食べるよりも、数回に分けて少しずつ食べる方が太りにくいと聞いたことがあります。

実際、私の友達にしょっちゅう食べているけれどスリムな人がいます。彼女も一回に食べる量は少なめなので、結果として多く食べていても太らないのでしょう。

その他には、体質的な理由があるでしょう。昔の日本人は粗食だったので、少しの量の食事でもがっつりカロリーが蓄えられてしまう傾向があるそうです。

日本人は先進国の中でもスリムな人が多いといえますが、実はアメリカ人並の食事をするとすぐに太ってしまうそうです。

とはいえ、そんな一般的な日本人の太りやすい体質とは無縁な人もたまにいます。こういった人達は、太りやすい遺伝子を先天的に持っていないから、いくら食べても体重が増えないのでしょう。

ちなみに、太りやすくなる遺伝子は三種類あり、唾液を採取して遺伝子の有無を調べることができるそうです。

今までなかった前髪のクセ直しに悪戦苦闘

もともとキレイなストレートヘアというわけではありませんが、わりと扱いやすく、コシがあるストレートな髪質なので、ダメージなどにも比較的強く、念入りなブローなどをしなくてもなんとなくまとまってくれる髪質にずいぶん助けられていたのですが、ここ数年、髪質が変わってきたのか、年齢のせいもあるとは思いますが、コシが弱くなってきたというのを実感します。

そして、部分的にクセ毛というか、うねりというか、ヘアスタイルが決まりにくくなってきてしまいました。
特に少し前まで、前髪をずっと伸ばしていて、センターパートにしていたのですが、最近前髪がないスタイルにも飽きてきたので、前髪を作ろうと美容室へいってカットしてもらい、一年ぶりくらいに前髪を作りました。

しかし、以前は前髪の部分のクセなど気になったことがなかったのに、前髪を今回作ると、どうしても生えぎわのところがういてしまって、へんなうねりになってしまうのです。水でぬらしてブローしても風がふいたりするとすぐへんなわけ目がついて、まっすぐ自然におりてくれなくなってしまいました。

今までなかった悩みに戸惑っています。