私は身長が162センチで、体重は成人してから最低48キロ~最高60キロでした。
しかし顔に肉がつきにくいせいか、目に見えて「太ったね!」「痩せたね!」と言われたことはなかったです。
そして54~56キロが適正体重らしく、そのあたりの体重でいることが一番多かったです(今もです)。

そんな私は甘いものが大好きで、お菓子はけっこう食べるほうです。
特にチョコレートとおせんべいが好きです。ポテトチップスなどのスナック類は、自分で買ってまで食べるほどは好みません。
しかし菓子パンとアイスクリーム、おせんべいを一度に食べることはざらにあります。

それでも55キロ前後を保っているのは、自分で考えるに、食べる時間が早いからだと思います。
夕飯が早く、夜の7時以降はほぼ食べないのです。
また、夕方までに菓子パンなどおやつを食べすぎたときは、お腹が空かないので夕飯もあまり食べられません。
太らないためというより、本当に食べたくないのです。

私の友人・親族で太っている方々は(身長ー体重が100以下程度)やはりよく食べます。
家を訪れると大きなグラスになみなみとコーラをつがれたり、出された煮物がびっくりするほど甘かったりします。
あまり食べないのに太いという方は、子供のころからの体型という方が多いように感じます。

やはり食べたら食べた量だけカロリーを摂取するので、太るのは当たり前ではないでしょうか。
食べても太らない人は、運動したりカロリーを消費する仕事をしたりと、何か理由があるのだと思います。