髪を育てるには頭皮環境をよくする必要があります。

頭皮がパサパサ乾燥していると、皮膚が硬くなって髪が抜けやすくなります。

傷ついた頭皮は髪の成長に悪影響を与え、髪が生えにくくなったり、生えてきても細く短いものになります。

頭皮環境を整えてくれるのが育毛シャンプーです。

一般的なシャンプーは合成界面活性剤の力が強くて、頭皮から潤いを奪いダメージを与えます。

育毛シャンプーは洗浄力がマイルドで頭皮を傷つける心配が少ないです。

洗浄力がマイルドなので、洗い方に気をつけないと汚れが残って髪が抜けやすくなることもあります。

正しい使い方をすることで、育毛シャンプーの効果を引き出せます。

髪を洗う前にクシでとかしていおきます。

クシを通すだけでほこりが取れて汚れ落ちがよくなったり、洗っているときの髪の絡まりを防いで髪が抜けるのを予防します。

シャンプーをつける前にお湯で予洗いします。

頭皮にシャワーを当てるようにします。

予洗いすると皮脂やほこりなど簡単な汚れが取れて、シャンプーでの汚れ落ちがよくなります。

手のひらにシャンプーを取ったら、手のひら全体に広げて髪につけます。

髪の生え際から頭頂に向かって優しくマッサージするように洗います。

すすぎ残しがないように丁寧に洗い流しましょう。

洗浄成分が残っていると頭皮にダメージを与えます。