• Monthly Archives: 8月 2014

今までなかった前髪のクセ直しに悪戦苦闘

もともとキレイなストレートヘアというわけではありませんが、わりと扱いやすく、コシがあるストレートな髪質なので、ダメージなどにも比較的強く、念入りなブローなどをしなくてもなんとなくまとまってくれる髪質にずいぶん助けられていたのですが、ここ数年、髪質が変わってきたのか、年齢のせいもあるとは思いますが、コシが弱くなってきたというのを実感します。

そして、部分的にクセ毛というか、うねりというか、ヘアスタイルが決まりにくくなってきてしまいました。
特に少し前まで、前髪をずっと伸ばしていて、センターパートにしていたのですが、最近前髪がないスタイルにも飽きてきたので、前髪を作ろうと美容室へいってカットしてもらい、一年ぶりくらいに前髪を作りました。

しかし、以前は前髪の部分のクセなど気になったことがなかったのに、前髪を今回作ると、どうしても生えぎわのところがういてしまって、へんなうねりになってしまうのです。水でぬらしてブローしても風がふいたりするとすぐへんなわけ目がついて、まっすぐ自然におりてくれなくなってしまいました。

今までなかった悩みに戸惑っています。

ほうれい線を発見したときのショック

もともと肌トラブルも少なく、周囲からも「肌がキレイだね」と言われることが多かったのでアラフォーに突入しても割と油断をしていました。

ある日久しぶりに実家に帰り、洗面所でメイクをしていると左の頬にくっきりと刻まれたラインを発見。
ほうれい線だ、とすぐに気がつきました。ああ、この一本で顔がおばさんっぽい…!

今まで全然ほうれい線なんて見えなかったのに、何で突然出てきたの?と大変ショックでしたが、実家の洗面所には鏡の横に小窓があり、日光が入って明るいので鏡に顔の細かいしわやシミまで映るのです。

…ということは、自宅の電球の光では鏡に映らなかっただけで、ずっと前からほうれい線があったのです。
今まで日中の屋外や明るい部屋では周りの人にはバッチリこのほうれい線が見えていたと思うとショックも倍増しました。

それからは表情筋のトレーニングやシワによいとされる成分の化粧品をいろいろ試しています。

敏感肌の人に必要な化粧品の成分とは

私は乾燥と敏感肌で困っています。この肌用の化粧品は、さまざまなものがありますよね。無添加やオーガニック、多数の商品がある中でも、実際に購入するときは何がいいのか分からなく迷うことがあります。

肌に合うと思って使用したら、つけた後に顔がヒリヒリしてしまう、なんてこともあり困ります。肌に優しい成分のもの、セラミドが入っているものを選ぶ必要があるのです。

だから、セラミドを配合した化粧水を使って、保水能力を高めてあげています。それと同時に、洗顔をしたあとは必ず、水分を補給して、閉じ込めることが必要なので、ヒアルロン酸など表面を覆ってくれる保湿成分を一緒に使用しています。

表皮の角質層には、常に一定の水分が含まれていないといけないので、日々の保湿ケアをしっかりと行って、角質層に潤いを閉じ込めてあげるよう、クリームを最後に塗る事が大切です。このことを気をつけながら、潤い成分を重視した、スキンケアが大切となってきます。