• Category Archives: 花粉症

アロマ精油を使い、花粉症の症状を緩和しましょう

春といえば、あたたかい陽気に桜や新しい環境など、わくわくする季節ですね。
しかし一つだけ問題があります。それが、花粉症。
私も昔から重度の花粉症で、ピークの時期には鼻水、鼻詰まりや目のかゆみなどはもちろん、頭痛や発熱なども起こってしまいます。
市販の薬とアレルギー用の目薬が必需品です。

薬を飲むと鼻のむずむずや鼻水に対しては即効性があるのですが、どうしても気になるのが眠気と口の中の渇きです。
このどちらにも効果があるのが、マスクとアロマ精油の組み合わせです。

花粉症の対策グッズとしてよく使われるのが、マスクですよね。
花粉を防ぐことはもちろん、口が渇いた時は、マスクをつけると少し楽になります。
ただマスクをつけるだけではなく、あるひと工夫をするともっと効果的ですよ。
それは、精油を数滴たらしたティッシュを折りたたみ、口とマスクの間に挟むことです。
精油は様々な種類がありますが、おすすめなのはユーカリやペパーミントです。
スーッとした香りが鼻通りを良くし、殺菌効果もあります。
また、ミント系の香りは爽快感があり、目を覚まし集中力もアップします。
とても簡単で、効果抜群なのでおすすめです。

せっかくの春、花粉に負けず季節を楽しみましょう。

私が実践している、基本的な花粉症予防法。

私は数十年前から花粉症に悩まされています。年によっては3月から花粉を感じることもあり、春を迎えるよりも先に花粉症の症状に悩まされるなんてことも。年々、症状が悪化しているような気がしていたので、花粉症を改善する対処法を探していました。

基本的に、花粉症の季節になったら毎日マスクで花粉を予防しています。少しでも花粉が体内に入ってしまうと、鼻水とくしゃみが止まらなくなってしまうので、マスクは欠かせない予防グッズです。

他にも、花粉の飛散が多い予報の日には、花粉ガードのメガネを使っています。通勤時や外で打ち合わせのある日などは、移動の際には花粉ガードメガネを着用しています。以前、目が真っ赤になってしまっていて取引先の営業マンから「徹夜でもしたんですか?」なんてことを言われてしまったこともありました。

昨年から新しく始めた予防法は、ヨーグルトを食べることです。乳酸菌が花粉症を緩和してくれるという記事をネットで読んだのをきっかけに試してみたのですが、確かに昨年は例年よりも症状が軽かったような気がします。

花粉症の対策で出来ることをやっていきましょう。

春先には、どうしても悩みの種となってしまう花粉、これにどれだけの人が悩まされていることでしょうか。最近の世の中では花粉症に悩む人が多発しているとのことらしいので今度ももっと沢山の方が花粉に悩まされると思います。

花粉症で鼻水が止まらずティッシュばかり使用してしまいゴミ箱は簡単に膨れ上がります。目はフシャフシャして、ちょっとのことでクシャミばかりで正直イヤにもなります。

それでは花粉症にかかってしまった場合どうしたらいいんでしょうか、解決策は、どれだけ花粉を自分から遠ざけるかと花粉をどれだけ避け切れるかです。

花粉を防ぐには色々と対処法があります、目や鼻の粘膜を守るためにも花粉専用のメガネやマスクなども効果的です。首にはショールを巻いて出来るだけ花粉から身体を守りましょう。

自宅に帰宅する際には、そのまま入るのではなく、自宅に入る前に衣類にまとわり付いた花粉を叩いてから自宅に入るようにしたいですね。

自宅での花粉対処法としては洗濯物は必ず叩いてから室内に入れるようにして空域清浄機を常に設置しておくことが花粉症への軽減にもなるので出来ることをして、この季節を乗り切りたいです。

とにかく鼻水がひどいので常にマスク。

1月を過ぎたくらいから毎年花粉症に悩まされています。

鼻水に鼻づまり本当に大変です。

朝起きた瞬間から鼻水が勝手に垂れてきます。

鼻をかむのですが、かんでもかんでも出てきて、くしゃみも出るので私は朝起きた瞬間からマスクをしています。

家の中とか関係なくマスクをしています。

この家の中でもするマスクの効果はすごいです。

薬を飲まなくても調子が良くなります。

それにちょうど冬で寒いのでマスクをするとすごく暖かくなるので花粉も予防出来て一石二鳥です。

もちろん、花粉の飛散がひどくなるとマスクくらいでは間に合いません。

薬を飲むかそれから、点鼻薬が効果抜群です。

寝る前にシュッとしたらすごく調子が良いです。

それに常にマスクで花粉対策ばっちりです。

私も花粉症になって8年、色々対策をしてきました。

一番なのはマスクです。

そして耳鼻科でいつも鼻を綺麗にしてもらう事これもすごく大事です。

マスクをしていればお化粧もしなくてもいいので助かります。

マスクから手術、お米まで色々あるけど

最近の花粉症対策は驚くほど進歩しており定番のマスクや飲み薬はもちろんのこと、外科的な手術で花粉症の症状を抑える方法や、食べ続けることで花粉症の症状が軽くなるお米まで存在する。

花粉症の症状を抑える外科的な手術として有名なのは、鼻の中の粘膜を焼ききってしまうという方法だろう。

花粉に反応する鼻の中の粘膜を物理的に取り除いているわけだから、当然その効果は劇的とも言えるほどで、長年花粉症に苦しめられてきた人が手術を受けて症状が出なくなったという話も珍しいことではない。

しかしながら、いくら花粉症に苦しめられているとはいえ、外科的な手術に踏み切るのに抵抗を覚える人も多いだろう。

そういった人には花粉症の症状を軽くするお米という物が存在する。

お米に少量の花粉を混ぜた物で、毎日このお米を食べることによって身体が花粉に慣れる結果、花粉症の症状が軽くなるというものだ。

しかし効果が出始めるまで少し時間がかかるため、外科的な手術ほど劇的なものとは言えないという欠点もある。

現代では様々な種類の花粉症対策が存在する。

毎年のように花粉症に苦しめられてきた人は、一度自分にあった花粉症対策を調べてみてはいかがだろうか。

耳鼻科での治療はあきらめてしまいました。

私は杉の花粉症歴が20年以上となりますが発症してから10年間くらいは毎年春が近くになるときちんと耳鼻咽喉科にかかって飲み薬や目薬を処方してもらっていました。

しかしお医者さんに処方して貰う薬は確かに良く効いている感じでしたが、診療代などお金がかかることと数週間ごとに病院に行くのが面倒臭くなってしまいました。

そこでここ数年間は病院に行くのをあきらめて、主に市販の薬で対応しています。そして最も花粉症対策として有効だったのが鼻に噴射するタイプのスプレーでした。

このての薬は花が詰まったりこれから鼻水が出たりするとまずいかなと思えるときに臨機応変で使えるのがとても便利で、私にとって効果も抜群でした。

また、夜寝る前にはやはり市販の鼻炎用の薬を飲んでいますが市販のものは眠気が強くなりがちですが夜寝るときにはかえって好都合です。

あと私の友人から聞いた方法ですが外出先から帰って来たら鼻うがいをすると良いということで実際に試してみたら夜寝るときに鼻づまりが少なくなってとても有効な方法だと思いました。