アロマ精油を使い、花粉症の症状を緩和しましょう

春といえば、あたたかい陽気に桜や新しい環境など、わくわくする季節ですね。
しかし一つだけ問題があります。それが、花粉症。
私も昔から重度の花粉症で、ピークの時期には鼻水、鼻詰まりや目のかゆみなどはもちろん、頭痛や発熱なども起こってしまいます。
市販の薬とアレルギー用の目薬が必需品です。

薬を飲むと鼻のむずむずや鼻水に対しては即効性があるのですが、どうしても気になるのが眠気と口の中の渇きです。
このどちらにも効果があるのが、マスクとアロマ精油の組み合わせです。

花粉症の対策グッズとしてよく使われるのが、マスクですよね。
花粉を防ぐことはもちろん、口が渇いた時は、マスクをつけると少し楽になります。
ただマスクをつけるだけではなく、あるひと工夫をするともっと効果的ですよ。
それは、精油を数滴たらしたティッシュを折りたたみ、口とマスクの間に挟むことです。
精油は様々な種類がありますが、おすすめなのはユーカリやペパーミントです。
スーッとした香りが鼻通りを良くし、殺菌効果もあります。
また、ミント系の香りは爽快感があり、目を覚まし集中力もアップします。
とても簡単で、効果抜群なのでおすすめです。

せっかくの春、花粉に負けず季節を楽しみましょう。

遺伝なのかほんとに食べても太らない体質なんです

太らない体質なんです。

かれこれ、高校生の頃から現在(40歳)まで身長も体重も変わりありません。
174cmの52~56kgでちょっと数キロ内で上下があるだけ。ここ数年は(54kgで落ち着いていますが)

52kgを切ると体調がとても悪くなるので、このへんがギリギリのライン!

脂っこいものを食べても、甘いものを食べても、肉を食べても、炭水化物を食べても、ジャンクフードを食べても変化ないです。なんでだろう。

食べる時間が夜中にななっても不規則でもこの体重に変化はありません。もちろん体型も・・・同世代の人たちが、いわゆる中年太りで悩んでいてもまったくお腹が出てくることもなく。

たまに極端に過食症か!というくらいに食べる時もありますが(特に冬場)胃腸が多少もたれるくらいで体重に変化は無く。

お通じはいかがかと言われるとむしろ便秘ぎみで悩んでいるという。食べたものはどこへいっているのか。

ジャンクフード的なものや炭酸飲料などを食しても体重に変化は無いですが、この年齢になってくると胃腸にむかつきが出てきます。

遺伝なのか、近い親戚筋にも肥満体形の方は居ないので体質なのかなぁと思います。こう・・・なんとなくなんですが、胃腸の栄養の吸収が弱いんじゃないかと。

育毛シャンプーの正しい使い方

髪を育てるには頭皮環境をよくする必要があります。

頭皮がパサパサ乾燥していると、皮膚が硬くなって髪が抜けやすくなります。

傷ついた頭皮は髪の成長に悪影響を与え、髪が生えにくくなったり、生えてきても細く短いものになります。

頭皮環境を整えてくれるのが育毛シャンプーです。

一般的なシャンプーは合成界面活性剤の力が強くて、頭皮から潤いを奪いダメージを与えます。

育毛シャンプーは洗浄力がマイルドで頭皮を傷つける心配が少ないです。

洗浄力がマイルドなので、洗い方に気をつけないと汚れが残って髪が抜けやすくなることもあります。

正しい使い方をすることで、育毛シャンプーの効果を引き出せます。

髪を洗う前にクシでとかしていおきます。

クシを通すだけでほこりが取れて汚れ落ちがよくなったり、洗っているときの髪の絡まりを防いで髪が抜けるのを予防します。

シャンプーをつける前にお湯で予洗いします。

頭皮にシャワーを当てるようにします。

予洗いすると皮脂やほこりなど簡単な汚れが取れて、シャンプーでの汚れ落ちがよくなります。

手のひらにシャンプーを取ったら、手のひら全体に広げて髪につけます。

髪の生え際から頭頂に向かって優しくマッサージするように洗います。

すすぎ残しがないように丁寧に洗い流しましょう。

洗浄成分が残っていると頭皮にダメージを与えます。

子供が描いた似顔絵にほうれい線がくっきり

幼稚園に通う娘が、母の日のプレゼントということで、お母さんの似顔絵を描いてきました。それを見て、大ショック!
ほうれい線がくっきりと描かれていたのです。そんなにはっきり書かなくてもいいのに。
やっぱりどうみても目立つようです。それまでは、さほど気にしていなかった私も、さすがにこれはやばいと思いました。

ほうれい線って、一番年齢が出ますよね。女優さんで、ほうれい線が薄い人を見ると、どんな手入れをしているんだろうって、すごく気になります。
きっと、エステとかに行って、お金をかけてるんでしょうね。エステなんて、専業主婦の私には、とても無理な話です。
とりあえず、自分なりにできることと言えば、ほうれい線の部分には、化粧水と保湿液をたっぷりとつけること。そんなことぐらいでしょうか。
効果のほどは、あるようなないような。

あの似顔絵の一件以来、私がしょっちゅう「ほうれい線」という言葉を口にするようになったせいで、娘もすっかり「ほうれい線」という言葉を覚えてしまいました。

ダイエットのために食事を抑制する方法

ダイエットで食事を少なくしようと思っていても、なかなか続かないことがありますね。
私も、どうしてもお菓子を食べ過ぎてしまうことがあり、困っていました。

そんなときに実践したのが、温かいハーブティーです。
これは、私が大好きなコブクロの小渕くんが、いつも温かい飲み物を飲んでいるということを書いてあったので真似してみました。

ハーブティーは、なんでもいいですが、寝る前はカモミール、ラベンダーお昼は、オレンジ系やレモン、ローズにしました。
最初は、ほんとうに効果があるかなと思っていましたが、慣れてくるとあまりお菓子を食べたいと思わなくなりました。

最初は、砂糖を入れて飲んでみると、甘みを感じて脳が休まります。
また、アロマの香りを楽しんでもいいですよ。

私は、アロマオイル(ローズの香り)をふくらはぎに塗ってマッサージをしました。
なんでもいいから気分転換することが大事です。

お菓子も、ケーキやクッキーのようなカロリーが高いものをやめて、ゼリーやみずようかんを食べてみましょう。

DHCのマカを飲んでいる理由と飲んで改善したこと

DHCのマカを飲んでいます。主成分が女性ホルモンのバランスを整えてくれるというマカです。

残りは、亜鉛、ガラナ、セレン、冬虫夏草を含んでいます。

バランスよく配合されたサプリメントだと思います。値段も他のマカと比べて高くはありません。

女性ホルモンが乱れると体の不調が現れるということを聞いて不安になり飲み始めました。

貧血気味で疲れやすかった時期がありましたが、3ヶ月以上経つと徐々に元気になってきました。

安いのに飲んで全然問題がなかったので今も続けてのんでいます。

飲む前は少し動くと体がふらつく感じがしました。家事を頑張ろうにも体がついていかずに苦しい思いをしました。

でも、これを飲むと本当に順調で、今では家事を楽しんでできています。

自分の力で体調を整えるのが難しい時はこうやってサプリメントに頼るのもありだと思います。

サプリメントの力を借りて、これからも体調を整えていけたらなあと思います。

サプリメントは、自分が頑張って出来ないときの補助役だと思っています。